預貯金の相続

銀行での手続には銀行所定の用紙に記載・押印が必要

預貯金は、法律上、金銭債権とされ、金銭債権は基本的には遺産分割の対象外です。

しかし、平成28年12月19日最高裁判所は今までの判例を変更し、預貯金を遺産分割の対象に含めました。古い債権だと預貯金を遺産分割の対象外をしているので注意してください。

なお、銀行の手続きでは、銀行側から銀行所定の用紙に相続人全員の署名と実印の押印を求められることが多いです。

このページの先頭へ