負債(借金)の相続

財産には、プラスのものがあれば、マイナスのものもあります。相続財産には、マイナスのものも含まれます。被相続人にローンなどの負債がある場合には注意が必要です。

負債の相続の方法には、以下の3つがあります。それぞれ説明していきます。

単純承認
限定承認
相続放棄

単純承認

「単純承認」とは、被相続人の権利義務をすべて継承することをいいます。つまり、被相続人のプラスの財産であれマイナスの財産であれ、全部継承し、責任を負うということです。

単純承認に特別な手続は必要ありません。また特に以下のような場合は「法定単純承認」といって、マイナスの財産も相続しなければならなくなります。

  • 自分のために相続の開始があったことを知ってから3ヶ月以内限定承認または相続放棄の手続をとらず放置した場合
  • 相続人が、相続財産の全部または一部を処分したとき

限定承認

財産1,000万円 負債500万円 清算の結果プラス500万円を相続する!負債1,000万円財産500万円 清算の結果マイナス財産が残るので相続しない!

「限定承認」とは、被相続人が残した財産のなかでプラスの財産マイナスの財産を清算し、それでもなおプラスの財産が残っている場合であれば、その余りのぶんを相続し、逆にマイナスの財産が残ってしまう場合には相続をしないという制度です。

限定承認はこのように便利な制度ですが、この制度を利用するには相続人全員で申立てしなければなりません。自分のために相続の開始があったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所へ申立てをします。

また「限定承認」をする場合、お金を借りている先(債権者)への催告・公告したり、債務を調査して弁済するなど、色々と面倒なことがありますので、弁護士などの専門家に相談するのがよいでしょう。

相続放棄

「相続放棄」とは、自分のために相続の開始があったことを知ってから3ヶ月以内に 家庭裁判所へ申立てをし、自分ははじめから相続人でなかったことにしてもらう制度です。

相続放棄の申立ては、相続人本人が行います。家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出します。この申立てが家庭裁判所に受理されれば、相続人は、被相続人が残した負債を負わずに済みます。

このページの先頭へ