遺言書作成事例

同居の娘に自宅をあげたい!

【依頼】
自宅を、確実に、同居の娘のものにするために、公正証書遺言を作成したい。依頼者には病気の後遺症があり、もめる前に早急に作成したい。

作成しなかったら
同居の娘が、他の兄弟から自宅の退去を迫られるかもしれなかった。

面識のない身内に相続させたくない!

【依頼】
法定相続人の中に、全く面識のない戸籍上の兄弟がいる。自分が、良く知っている妹に全財産を相続させるために、公正証書遺言を作成したい。

作成しなかったら
妹は、全く面識のない戸籍上の兄弟と協議しないと相続手続きを進めることができない上に、原則として、その兄弟に相続財産の半分を取られてしまうことになった。

遺産を夫ではなく、子供にあげたい!

【依頼】
金銭面で苦労させられた夫に相続させず、すべてを子供たちに相続させるために、公正証書遺言を作成したい。

作成しなかったら
守り通した最後の財産も夫の浪費の対象になったり、夫の債権者に取り上げられる恐れがあった。

長男にわたる遺産は最小限にしたい!

【依頼】
長男夫妻と不仲なので、長男には遺留分だけを相続させて、それ以上は相続させないために、公正証書遺言を作成したい。

作成しなかったら
長男夫妻は、他の相続人と対等の権利を主張して、依頼者の意に反して、遺産分割協議がおこなわれ、相続人間でもめ事が起こるかもしれなかった。

遺産を長男に多く渡したい!

【依頼】
主な財産を長男へ相続させるために、公正証書遺言を作成したい。老人ホームに入っているので、老人ホームで作成したい。

作成しなかったら
長男は、他の兄弟と同じ権利しか主張できない上、他の兄弟の同意を得ないと、遺産相続手続きを終えることができなかった。

遺産を孫にあげたい!

【依頼】
子供が行方不明になので、遺産を子供ではなく孫にあげたいから、公正証書遺言を作成したい。

作成しなかったら
行方不明の子供のために法的手続きをとる必要があり、相続手続きに多くの時間や手間がかかるところだった。

事業を子供にスムーズに継がせたい!

【依頼】
複数の会社を経営している。事業を子供にスムーズに継がせるために、公正証書遺言を作成したい。

作成しなかったら
相続争いが、各会社の経営権をめぐる紛争に発展しかねず、事業に重大な影響が出る可能性があった。

このページの先頭へ