徹底解説!特別受益

「特別受益(とくべつじゅえき)」とは・・・

相続人のなかで、被相続人が亡くなる前に贈与を受けた人がいるような場合、贈与を受けた人、受けなかった人が平等に財産を相続するとなると、不公平が生じる可能性があります。その不公平をなくすために、生前贈与の一部や遺贈特別受益とし、法定相続分から差し引いた額を、その相続人の相続分としています。

  1. 特別受益に含まれるもの
  2. 特別受益のある相続分の計算方法

特別受益に含まれるもの

  • 遺贈
  • 婚姻のための贈与(結納金・持参金 等)
  • 生計の資本として受けた贈与
    ・事業を始めるにあたり援助を受けた金銭など
    ・住宅などの購入資金

特別受益のある相続分の計算方法

相続財産は全部で900万円、相続人が長男、次男、三男の3人で、そのうち長男だけが特別受益を受けていた場合を例に挙げて説明します。

長男への特別受益が300万円だった場合

特別受益がある場合の具体的配分を解説した図

相続財産の総額を
【900万円+300万円(特別受益)=1,200万円】
と考えると、子供1人あたりの相続分は
【1,200万円÷3=400万円】
となる。
そのうち長男の相続分は、相続分から特別受益分を引いた
【400万円-300万円(特別受益)=100万円】
となる。
長男の相続分:【100万円】
次男の相続分:【400万円】
三男の相続分:【400万円】

長男への特別受益が600万円だった場合

特別受益がある場合の具体的配分を解説した図

相続財産の総額を
【900万円+600万円(特別受益)=1,500万円】
と考えると、子供1人あたりの相続分は
【1,500万円÷3=500万円】
となる。
長男は相続分500万円を超える特別受益を受けているため
相続分はなくなり
残った次男と三男で相続財産900万円を分けることになる。
次男と三男の想像分はそれぞれ
【900万円÷2=450万円】
となる。
長男の相続分:【なし(特別受益600万円)】
次男の相続分:【450万円】
三男の相続分:【450万円】

長男への特別受益が2,700万円だった場合

遺留分減殺と特別受益の関係を示した図

相続財産の総額を
【900万円+2,700万円(特別受益)=3,600万円】
と考えると、子供1人あたりの相続分は
【3,600万円÷3=1,200万円】
となる。
長男は相続分1,200万円を超える特別受益を受けているため
相続分はなくなり
残った次男と三男で相続財産900万円を分けることになる。
次男と三男の想像分はそれぞれ
【900万円÷2=450万円】
となる。
ただ、特別受益を含んだ1人あたりの相続分は
1,200万円であるにもかかわらず
次男と三男の実際の相続分は450万円しかない。
次男と三男には
【1,200万円÷2=600万円】
の遺留分があるので、長男に対して
【600万円-450万円=150万円】分の
遺留分減殺請求ができる。
長男の相続分:【なし(特別受益2,700万円)】
次男の相続分:【450万円(遺留分600万円)】
三男の相続分:【450万円(遺留分600万円)】

このページの先頭へ