相続人とは

「相続人」とは、亡くなった人の財産を受け継ぐ人のことです。相続人となれる人の範囲は法律で決まっています。法律で決められた相続人を「法定相続人」といいます。そして、決まっている人たちについても順位があり、相続の割合も規定されています。法定相続人が相続する割合を「法定相続分」といいます。

  1. 法定相続人
  2. チャートで見るパターン別相続の割合

法定相続人

1.夫または妻(配偶者)

被相続人が結婚している場合、その配偶者は相続人となります。前妻には相続権はありません。

2.子供(嫡出子・実子)

被相続人の子供は相続人となります。

3.非嫡出子

結婚している夫婦の間以外でうまれた子供は「非嫡出子」となります。

4.養子

養子は実子とおなじ相続権をもちます。普通養子は原則として、養親と実親の両方の相続権をもちます。

5.おなかの中の子供(胎児)

胎児はすでに生まれたものとみなされ、相続権をもちます。

6.父母・兄弟姉妹

相続人になるかどうかは、場合によります。被相続人に子供がいた場合は、子供(と配偶者)が相続人になるため、父母・兄弟姉妹が相続人になることはありません。被相続人に子供がいない場合は、被相続人の配偶者と父母が相続人になります。被相続人の配偶者が死亡している場合は、被相続人の父母だけが相続人になります。被相続人に子供がおらず、被相続人の父母も死亡している場合は、被相続人の配偶者と兄弟姉妹が相続人になります。被相続人の配偶者が死亡している場合は、被相続人の兄弟姉妹だけが相続人になります。

チャートで見るパターン別相続の割合

1.被相続人に妻と子供1人がいる場合

1/2子供1/2という割合です。
被相続人・妻1/2・子1/2

2.被相続人に妻と子供3人がいる場合

1/2子供たち1/2という割合です。子供は3人いるので、それぞれ1/6ずつ相続することになります。
被相続人・妻1/2・子1/6・子1/6・子1/6

3.被相続人に子供がいない場合

2/3両親1/3という割合です。父親はすでに死亡しているので、母親1/3を相続します。
被相続人・父・母・妻・子供なし

4.被相続人に子供がおらず、両親が既に亡くなっている場合

3/4兄弟姉妹1/4という割合です。兄弟姉妹は2人いるので、それぞれ1/8ずつ相続することになります。
被相続人・父・母・兄1/8・兄1/8・妻3/4・子供なし

5.被相続人の子供のひとりが既に亡くなっていて、その子供に孫がいる場合

1/2子供たち1/2という割合ですが、すでに亡くなっている子供のぶんをが相続することになります。
子供はそれぞれ1/4ずつ相続することになります。
被相続人・妻1/2・子1/4・子・孫1/4

6.妻が死亡し、被相続人の子供のひとりが相続放棄をした場合

子供たちで遺産を分け合うことになります。相続放棄した子供のぶんをが相続することはありません。残った子供がそれぞれ1/2ずつ相続することになります。
被相続人・妻・子1/2・子1/2・子相続放棄・孫相続しない

7.被相続人に子供がおらず、亡くなった兄弟姉妹に甥や姪がいる場合

3/4兄弟姉妹1/4という割合です。兄弟姉妹のうちがすでに亡くなっていて、その子供がいる場合、がそれぞれ1/8ずつ相続することになります。1/8の遺産を2人で分け合うので、それぞれ1/16ずつの相続分です。
被相続人・父・母・兄・甥1/16・姪1/16・姉1/8・妻・子供なし

8.被相続人の亡くなった兄弟姉妹に甥や姪がいる場合

兄弟姉妹で相続することになります。兄弟姉妹のうちがすでに亡くなっていて、その子供がいて、さらには亡くなっていて、子供がいる場合、がそれぞれ1/2ずつ相続することになります。甥の子供に相続権はありません。
被相続人・父・母・兄・姪1/2・甥・子相続しない・姉1/2

9.内縁関係だった場合

内縁の妻に相続権はありません。すべて子供たちが相続します。子供は3人いるので、それぞれ1/3ずつ相続することになります。
被相続人・内縁の妻・子1/3・子1/3・子1/3

10.子供の妻を養子縁組した場合

1/2子供たち1/2という割合です。養子縁組した子供の妻も相続権を持ちますので、子供たち子供の妻はそれぞれ1/6ずつ相続することになります。
被相続人・妻1/2・子1/6・子1/6・妻養子縁組1/6

このページの先頭へ